車庫証明はそう難しいワケではないので、
申請すると、99%車庫証明がおります。

現実社会において、99%は100%と同じ意味で
使われるのですが、車庫証明に限ってはそうで
はないんです。

警官とパトカー

申請した翌日、管轄の警察署から電話がかかってくる
ことも、(数は少ないですが)あります。

どんなケースで電話がかかってくるのか。
それをお伝えします。

その前に、
警察は申請した日の翌日に車庫に現地調査に行く、という
前提知識を知ったうえで、以下をお読みください。

◆車庫そのものがない
申請書に記載がある「自動車の保管場所の位置」には、
車を停めるスペースがなかったことがありました。

申請者が「自動車の保管場所の位置」の住所を誤記
していたことが原因でした・・・。

◆1台分の車庫にはすでに車があった
車庫証明を取得済みの車が、1台分のみ駐車できる車庫に
現に駐車している。今回新たに(増車として)車庫証明を
取ろうとしていることもありました。

できっこないですよね。

現に駐車している車は売却直前で、よくよく話を聞くと
実は増車ではなく”入れ替え”だということでした・・・。